日本生まれの由緒正しきランドセル

子供

ランドセルの歴史

ランドセル白衣の人

西洋風に見えて意外と日本生まれのカバン

雰囲気的に見ても、西洋生まれな印象を抱くランドセルですが、意外と日本独自のカバンなのです。気になる起源は、何と江戸時代の幕末あたりまでさかのぼります。元の原型はどんなものだったのか、どのように発展していったのかこちらで紐解いてみましょう。

江戸時代にランドセルの原型があった!

江戸時代の幕末頃に幕府が軍隊を和式から洋式の軍隊制度を導入しました。軍備品を収納するために、オランダから輸入した革製のカバンがランドセルの原型とされています。明治時代では、政府が本格的な洋式軍隊に切り替え、正式に軍備品を持ち歩くための装備として採用されていました。

オランダ語が訛って「ランドセル」となった

輸入した革製のカバンは、オランダ語では「ランセル」と呼ばれていました。その名称が徐々に訛っていき、現在と同様「ランドセル」と呼ばれるようになりました。

現在に近い形状になったのは伊藤博文がきっかけ!

現在出回っている箱形に変化したのは、何と伊藤博文がきっかけを作ったのです。大正天皇が学習院にご入学されたお祝いに、箱形の通学用カバンとしてランドセルを献上したことから形が統一されました。

広く普及したのは戦後の高度経済成長期

実は、ランドセルは戦前までは高価なカバンで、裕福な男の子や女の子が主に背負っていました。そんな高級品が一般に普及したのが、高度経済成長期頃。アルミや合成革も使用されるようになり、色やデザインも時代のニーズに沿って変化していったのです。

広告募集中